« 石油時代の終焉ミノフスキー物理学 | トップページ | (^m^ )波動エアカット »

千葉に「世界一の星空」ができたらしい。きぼーる

「花の美術館」は明後日10月21日(日)も無料開放される予定であり、今週末は無料開放される公共施設がこのほかにもあります。

中央区には新しい公共施設「Qiball(きぼーる)」もオープンします。

今週末の千葉市は注目スポットがたくさんです。

だから 千葉市中央区の複合施設「Qiball(きぼーる)」内に、千葉市科学館がオープンする。

同科学館のプラネタリウムは、ドームの大きさが23メートルと千葉県内最大を誇り、さまざまな利用者の興味に応える番組やイベントが開催されることになっている。

それか本日、中央第6地区再開発の「きぼ〜る」が20日オープンにむけて完成記念式典・内覧会が行われ、参加しました。

扇屋ジャスコの跡地を再開発と言いながらもほとんど公的な施設が入居したものになり、果たしてここにだけお金をかけて いよいよ今週末のQiball(きぼーる)グランドオープンに向けて 今日は完成式典&内覧会が実施されるそうです 残念なことに一般市民の観覧は出来ないそうで… 今回は招待客だけの参加となります 平成7年度に再開発組合の設立に至り 取立て屋ばかりだと、なんと プラネタリウムが完成 世界最多の1000万個の星を投影できるプラネタリウムが千葉市中央区の官民複合施設「きぼーる」内に完成、20日のオープンを前に16日、完成記念式典が行われた。

だ、そうです。

県庁の目の前っぽいので

|

« 石油時代の終焉ミノフスキー物理学 | トップページ | (^m^ )波動エアカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/477423/8526415

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉に「世界一の星空」ができたらしい。きぼーる:

« 石油時代の終焉ミノフスキー物理学 | トップページ | (^m^ )波動エアカット »